O2KRAFTよくある質問

活性酸素が心配です
「オイルは酸化し、活性酸素に変わるのでお肌に悪い」と言われていますが、オイルが酸化すると活性酸素に変わるわけではないのでご安心ください。
酸素は体内でエネルギーとして消費され、水と二酸化炭素になります。
水と二酸化炭素になりきれなかったごくわずかな酸素が活性酸素といわれるものに変わるのですが、これも体内の酵素によって無毒化されるので心配ありません。
どのくらいの量を塗ればよいのですか?
肩こりは2~3プッシュ、腰痛は3~4プッシュ、足のむくみは両足3~4プッシュが効果的な量の目安です。
手のひらにとって、べたつきがなくなるくらいまでよくすり込みます。
普通のオイルの場合、いつまでもべたつきが残り、ふき取りが必要ですが、高濃度酸素オイルは浸透性が良いため、ふき取りは不要です。
オイルはいつ塗ればよいですか?
天然成分のみでできているので、1日何回でもお使いいただけます。
高濃度酸素オイルは血行を良くし、筋肉や関節を柔軟にします。
スポーツをされる方はウォーミングアップ時(ケガ・ツリ予防)や、運動後(筋肉疲労回復)がお勧めです。
慢性的な痛みの方(肩・腰・膝など)は、朝起きた時と夜寝る前に塗っていただくと、より効果的です。
溜まった疲労物質を除去する為には、入浴後にマッサージしていただくことをお勧めします。
酸化しないと聞いたのですが、匂いが変わったような気がするのはなぜ?
O2クラフトにはアロマ効果をプラスするためローズマリーオイルが配合されています。
匂いが変わったように感じるのは、酸化しているわけではなく、ローズマリーの香りが時間とともに飛んでしまうためです。匂いが変わってもオイルの効果は変わりませんので、ご安心ください。
オイルで日焼けはしませんか?
日焼け用のオイルには紫外線吸収剤が入っているため、日焼けを促進しますが、植物オイルは日焼けを促進するものではありません。
酸化は悪いものではないのですか?
酸化には良いのもと悪いものがあります。
油が変色して異臭を放ったり、鉄が錆びるというのは全て悪い酸化です。
よい酸化とは、例えばオキシドール(過酸化水素水)です。
これは水が酸化している状態ですが、消毒のために皮膚につけても肌に影響を与えません。
高濃度酸素オイルは全く同じ原理でできている、良い酸化をしたオイルです。
消費期限はないのですか?
一般的に化粧品は開封後1年、未開封で3年とされていますが、特殊な技術で化学的に高濃度の酸素を結合させているため、これ以上の酸化はしません。
但し、保存においては直射日光や高温の場所は避けてください。
痛み以外にも使えますか?
酸素は細胞の活性を高め、肌を新しく蘇らせる働きがありますので、美容にとても効果的です。
また、切り傷や火傷も含め、怪我の治りが早くなります。
ダイエットにも効果はありますか?
脂肪を燃焼させるために酸素は不可欠です。
また、血行が促進されると脂肪分解酵素のリパーゼの活動が活発になります。
高濃度酸素オイルは、「酸素供給」、「血行促進」の両方の作用がありますので、ダイエットにも効果的です。